まるちゃんのごはん

愛犬まるちゃん(超小型犬・ポメマルmix・男の子)との暮らしついて、経験したことや学んだことを紹介しています。

MENU

お散歩で歩かない、他の犬が苦手な愛犬のために飼い主ができることとは?

f:id:aicatcher2017:20180927125820j:plain

生後4ヶ月頃、ついにお散歩デビューした日のまるちゃんです。

とかいって、ちゃっかりワンちゃん専用のカバンに入って、だっこしてもらっている!!

まだ、小さいし、怖がっているし・・という飼い主の気持ちで、抱っこして出かけたのですが、これが過保護の始まりだったとは・・のちのち筆者は痛感することになります。

 

目次

 

生後4ヶ月でお散歩デビュー

まるちゃん、地面着地の歴史的瞬間がコチラ。

f:id:aicatcher2017:20180927125949j:plain

公園に着いたら、おそるおそる、草の匂いをくんくん♩

お外は、まぶしいし、風が冷たいし(11月でした)、いろんな刺激がいっぱい。

それにしても、まるちゃん、モッサモサのボッサボサですね!どちらが頭でしっぽかな笑?

f:id:aicatcher2017:20180927130050j:plain

(やっぱり、カバンのなかにかえる〜〜!!)by. まるちゃん

 

まるちゃんが、お散歩デビューを果たしたのは、生後4ヶ月を過ぎたころ。

そこから、リードをつけて抱っこなしで、普通にお散歩ができるまで、約3ヶ月ほどかかりました。

 

犬はお散歩が大好きなはずで、きっと喜んで歩いてくれると思っていました。

なのに、うちの子はなんでーー??

 

小型犬でも、社会化のためにお散歩の量はたっぷり必要。あとは飼い主の忍耐力!

まるちゃん、地面に下ろしても、すぐ固まって歩かない、抱っこ。

ちょっと歩いたかな?と思ったら、3メートルほどで立ち止まる・・の繰り返し。

 

きっと初めての世界に驚いたり、警戒したり、状況を飲み込むまで、少し時間がかかるタイプだったんですよね・・。

時には、5分〜10分、まるちゃんが歩き出すまで、待ってみることもありましたが、大抵わたしが痺れを切らして、つい抱っこしてしまっていました。

 

今振り返れば、もっと30分でも1時間でも、この子が大丈夫になるまで待ち続けてあげればよかった・・この子の性格とペースに合わせて、もっとゆっくりじっくり、外の世界に慣らしていくべきでした。

f:id:aicatcher2017:20180927130146j:plain

(おさんぽいやなの。)by.  まるちゃん

 

うまくいかなくても、愛犬を理解し、受け止めてあげること。

お散歩デビューが生後4ヶ月を過ぎた頃になった理由は、ワクチン接種が終わるのを待っていたためです。

その間、抱っこして外に連れ出すことはありましたが、ワクチン接種が終わるまでは、他のワンちゃんたちとの接触を一切避けていました。

 

子犬にとって、生後3ヶ月までが最も大切な社会化期だと一般的にいわれています。本来子犬は、生まれてから、母犬や兄弟犬から、犬同士のコミュニケーションや遊びを自然に教えてもらいます。

しかし、まるちゃんは、生まれてからまもなく母犬たちの元を離れて、我が家へやってきました。その時点で、すでに社会化期は過ぎています。

 

社会化期を過ぎていたとしても、子犬の性格もそれぞれですので、人も犬もまったく平気な子もいます。「この子は、うちに来た時から大人しくて」とおっしゃる飼い主さんとわんちゃんにも、たくさんお会いしました。「うちも初めは吠えていたけど、慣れたら平気になったよ」とおっしゃる方にも。

 

でも、うちのまるちゃんの場合は、ほかの子と同じように、すんなりと問題が解決するわけではありませんでした。ほかの子よりも警戒心が強く、環境に慣れるのにも時間がかかるタイプでした。 

 

それなのに、飼い主の私は、「うちの子は、どうして?」と焦るばかりで、まるちゃんのことを、きちんと理解してあげられていませんでした。

しかも、外に連れ出しても、抱っこをしている時間が長かったので、他のワンちゃんとの挨拶の仕方を学んだり、触れ合う機会を、どんどん逃してしまっていました・・。

 

いまとなっては、そんな風に、過ぎたことを振り返っても仕方ないです。

 

今、飼い主である私にできることは、思い描いていた、「犬との暮らしの理想」へのこだわりを捨てること。

理想とのギャップに悩み過ぎないこと。

犬にも、個性や感情があるのだから、まるちゃんの気持ちや性格について、柔軟に受け入れ、理解してあげること。

 

そうして、まるちゃんと一緒に、私自身も成長していかなきゃいけないんだ…と気づいた頃には、まるちゃんは、一歳になっていましたが。

これから、もっともっと、まるちゃんのことを理解してあげたい。そして、まるちゃんとのお散歩を、もっともっと楽しみたいと思うようになりました。

 

ちょっと話が長くなりましたが、その後、まるちゃんのペースを大切に、ゆっくりでも、立ち止まっても、苦手なわんちゃんやおじさんとすれ違っても、めげずにお散歩の練習を続けた結果、今ではニコニコ笑顔でお散歩ができるようになりました。

小さくても、体力モリモリのまるちゃんは、30分、1時間のお散歩なんてへっちゃらです。むしろ、まだまだ歩けます。

 

ただ、人見知り&犬見知りは、なかなか改善までには至らずです。なんとかすれ違うことはできても、近づいたり、話しかけられることは苦手です。

それでも、ひとつひとつ一緒に乗り越えていけたら、できること、褒めてあげられることが増えていけば、その分、愛犬との絆は深まると信じています。 

f:id:aicatcher2017:20180927130316j:plain

(ぼくだって、やればできるんだ。)by. まるちゃん

 

 

読んでくれて、ありがとうございました!