まるちゃんのごはん

愛犬まるちゃん(超小型犬・ポメマルmix・男の子)との暮らしついて、経験したことや学んだことを紹介しています。

MENU

子犬が風邪をひいたら?ケンネルコフとは?どんな治療をするの?

f:id:aicatcher2017:20180927125201j:plain

(ここはどこ・・いろんなにおいがいっぱいする・・ぼくなにされるのかな・・とにかく、かてるきがしない・・)by.  まるちゃん

 

本日の記事は、まるちゃんが初めてクリニックでお世話になった時のことを書きます。

 

目次

 

ケンネルコフってどんな病気?

生後4ヶ月を目の前に、少し風邪?をひいたまるちゃん。

注意していないと分からないくらい、かすかに小さな咳をするのですが、それが数日続いていました。

早々にペット保険にも加入したことだし、心配で即ペットクリニックへ!

 

正直、こんなにすぐクリニックにお世話になるとは思ってはいませんでした。

わんこは「痛いよー」とか「苦しいよー」とか言ってくれるわけでもないので、クリニックに連れていくべきかどうかの判断も難しいです。

 

でも、こんな小さい体で風邪が悪化しても大変ですし食欲がないことも心配だったので、とりあえず診てもらうことにしました。

 

まだお散歩デビューもしていないのに、はじめてのペットクリニックで、まるちゃん緊張の面持ちです・・そして、飼い主もドキドキ。

 

先生に診てもらい、「ケンネルコフ」で、つまりワンちゃんの風邪とのこと。

 

クリニックでは、レントゲンを撮って肺や気管に異常がないことを確認してもらい、喉を潤して呼吸を楽にするミストを数分間吸入させました。

 

先生がおっしゃるには、これだけでもだいぶ楽になるそうで、ひとまず安心。

その後、抗生剤を1週間飲ませて、大事には至らず完治しました。

  

お医者さんからのアドバイスとしては、

  • 人間と一緒で、犬だって風邪もひくし、体調良くない日もある。
  • 異変に気付いたら、症状や経過をよく観察すること。
  • 食欲がない、鼻水がたくさん出ていたり、咳が続いて苦しそうであれば、病院へ。
  • 他のワンちゃんとの接触は避ける(ワクチン終わってない子には特に)。

人間と一緒ですね。新米飼い主にとっても、ひとまずは、お医者さんに相談するいい機会になりました。

 

診察を通して判明した「停留睾丸」

この日の受診をきっかけに、ひとつ、マルクルの体質に関するとても大事なことがわかりました。

 

それは、「停留睾丸」「かもしれない」状態だということ。

「かもしれない」というのは、この時点で2つの睾丸のうち、ひとつが降りてきていないので、もしかしたら、そのうち降りてきて問題ないかもしれないし、または、このまま降りてこない可能性もある、ということでした。

 

もともと、将来的な病気のリスクを考えて、我が家では、まるちゃんには去勢手術を受けさせようと考えていました。そんな矢先に、まるちゃんがケンネルコフにかかり、その診察をきっかけに、停留睾丸であることが分かったのです。

そして、停留睾丸であることを踏まえて、今後の去勢手術の段取りについて、お医者さんと詳しく相談することができました。ちょっとした症状でも、早めに診察を受けさせて本当によかったです。

f:id:aicatcher2017:20180927125321j:plain

(はあー、もうドキドキしたんだから!!はやくかえろうよ〜〜)by. まるちゃん

 

 

 

読んでくれて、ありがとうございました!