まるちゃんのごはん

愛犬まるちゃん(超小型犬・ポメマルmix・男の子)との暮らしついて、経験したことや学んだことを紹介しています。

MENU

【グレインフリー】【グルテンフリー】の違いは?どのような特徴があるの?

「まるちゃんの健康を守るため、美味しくて安全なごはんを探したい!」そう意気込んで始まった、ドッグフード選び。

それにしても、ドッグフードって種類が多すぎる・・一体どのドッグフードにすべきか、最初はかなり悩みました。

 

そして、めぼしを付けたドッグフードに共通するワードが・・

「グレインフリードッグフード」

「グルテン不使用」

「穀物不使用」

言葉も意味も似ているけれど、それぞれの違いをきちんと把握しておきたい!

ということで、「グレインフリー」「グルテンフリー」のドッグフードについて、それぞれの特徴を詳しく紹介していきます。

 

目次 

 

「グレインフリー」のドッグフードって?

「グレインフリー」と表記されているドッグフードには、主に以下のような特徴があります。

  • アレルギーや消化不良の原因となりやすい「小麦」をはじめとする穀物を使用していない
  • 肉や魚が中心の素材で作られているので、栄養価・消化性・嗜好性が高い
  • 保存料などの合成添加物を一切使用していない

f:id:aicatcher2017:20180927133010j:plain

ワンちゃんも、食べ物によるアレルギー反応を引き起こす場合があります。特に小麦は、アレルギー発症率が高い穀物の一種です。

ワンちゃんに毎日与えるドッグフードですので、現段階で小麦アレルギーを発症していないとしても、穀物中心のドッグフードを摂取し続けることで、将来的なアレルギーの発症リスクは高くなります。

そこで、我が家は、まるちゃんがアレルギーを起こさないように、グレインフリーのドッグフードを選ぶことにしました。

ところが、選んだグレインフリーのドッグフードの原材料表記を読んでいて、ある疑問が浮かんだのです。 

 

どこまでが「グレインフリー」なの?マメ類は含まれる? 

「グレインフリー」とは「穀物不使用」という意味です。ところが、私が選んだ「グレインフリー」と表記されたドッグフードには、原材料として「マメ類」が含まれていました。

「マメ類」は穀物の一種では?穀物不使用のはずなのに、マメ類は大丈夫なのでしょうか?

 そこで、ひとまず、穀物について調べてみました。

古くからの類型で穀物は、主穀、雑穀、菽穀、擬穀に分けられ、主穀は主食作物であるイネ、コムギ、トウモロコシを指し、雑穀はイネ科作物のうち、小さい穎果をつけるヒエ、アワ、キビなどの総称で、英語でmilletと訳されます。

菽穀はマメ類、擬穀はソバ、アマランサス、キノア等であり、主穀と雑穀が現在、穀物(cereal)として広く知られています。

雑穀とは | 一般社団法人 日本雑穀協会 

主穀ではないにしても、やはり、マメ類も穀物の1種であることは間違いなさそうです。

そこで、もう一度、私が購入したグレインフリーのドッグフードの原材料表記を確認してみると、主穀であるイネ・小麦・トウモロコシは全て含まれていませんでした。しかし、菽穀に含まれるマメ類は含まれているということが、改めてわかりました。

「うーん、主穀はNGだけど、菽穀はOKの理由は・・?」

「グレインフリーなんだから、穀類は一切入っていないのでは・・?」

そんなモヤモヤの答えは、以下の通りです!

 

「グレインフリー」ドッグフードは2種類あった!ワンちゃんの体質に合わせて見極めが必要!

「グレインフリー」のドッグフードには、大きく2つの種類があります。

  •  主穀・雑穀・菽穀・擬穀全ての穀物を100%カットした、「グレインフリー100%タイプ」
  • アレルギーを発症しやすい、主穀の米・小麦・トウモロコシのみをカットした、「主穀類フリータイプ」

 

ということで、私がまるちゃんのために、初めて購入した「グレインフリー」のドッグフードは、「主穀類フリータイプ」だったということになります。

このように、パッケージに「グレインフリー」と表記されていても、商品によってはその意図が異なる場合があります。そのため、ワンちゃんの体質と、ドッグフードの品質をきちんと確認したうえで、商品を選ぶことをおすすめします。

 すでに、穀類すべてにアレルギーがあると判明しているワンちゃんや、将来的に穀物アレルギーのリスクを避けたいワンちゃんは、あらかじめ、「グレインフリー100%タイプ」のドッグフードを選ぶとよいでしょう。

うちの子は、そこまでシビアにならなくてもいいかな・・というワンちゃんには、ひとまずアレルギーを発症しやすい小麦やトウモロコシのみをカットした、「主穀類フリータイプ」のドッグフードでもよいでしょう。

 

「グルテンフリー」のドッグフードって?

「グレインフリー」と似たドッグフードのカテゴリに、「グルテンフリー」があります。

グルテンとは、小麦やライ麦、大麦などの麦類に多く含まれているタンパク質です。

そして、このグルテンが、ワンちゃんのアレルギーの原因になる物質だといわれています。

 

そこで、ドッグフードの素材として使用する麦類から、「グルテン」物質を除いたドッグフードのことを「グルテンフリー」ドッグフードといいます。

 

特に、麦類の中でも、「小麦グルテン」が最もアレルギーを発症するリスクが高いといわれています。そのため、「小麦グルテン」のみをカットしたドッグフードのことを「小麦グルテンフリー」ドッグフードといいます。

「小麦グルテンフリー」ドッグフードには、小麦以外の大麦やライ麦などのイネ科の穀物や、玄米などが含まれている場合があります。

「グレインフリー100%」「主穀類(小麦・米・トウモロコシ)のみフリー」「小麦グルテンフリー」それぞれの違いを把握したうえで、ワンちゃんの体質に合うドッグフードを選ぶことが大切です。

 

ちなみに、雑穀に分類される大麦や玄米、菽穀に分類されるエンドウ豆やひよこ豆などは、ワンちゃんが比較的アレルギーを起こしにくい穀物で、かつ消化性にも優れた植物性タンパク質です。

アレルギーを起こしにくく、消化にもよい穀物は、ワンちゃんの健康にとって、貴重な炭水化物の源でもあります。つまり、ドッグフードの素材として、すべての穀物が一概にNGというわけでもないのです。

どのタイプのドッグフードを選べばよいか不安な場合は、ワンちゃんの体質について、獣医師さんに相談してみてくださいね。ワンちゃんの体質をきちんと把握したうえで、健康によく美味しいドッグフードを選んであげましょう!

 

それでは、最後まで読んでくれて、ありがとうございました!